芸能

【だれ?】飲酒のスケボー日本人4選手処分!選手名は?

スケートボードで5月のパリ五輪予選シリーズ上海大会に出場した20歳未満の日本の4選手(男女各2人)が現地で飲酒し、国内統括団体のワールドスケートジャパン(WSJ)から代表選手規程の違反行為として厳重注意などの処分を受けていたことが19日、分かりました。

この4人の選手の名前は公表されていませんが、派遣されている選手のリストは公表されています。

この記事では、処分を受けた4人の選手について解説していきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

記事の内容をまとめると、スケートボードで5月のパリ五輪予選シリーズ上海大会に出場した20歳未満の日本の4選手が現地で飲酒し、国内統括団体のワールドスケートジャパン(WSJ)から代表選手規程の違反行為として厳重注意などの処分を受けたことが明らかになりました。選手の名前は公表されていませんが、処分は飲酒の程度に応じて口頭での厳重注意や注意、不問などがあり、日本代表の西川隆監督も管理責任を問題視して戒告処分を行いました。WSJは今後同様の問題が起きないようにチーム体制を強化するとコメントしています。

【だれ?】飲酒のスケボー日本人4選手処分

国内統括団体のワールドスケートジャパン(WSJ)は、下記の様に声明出しています。

大会終了後の5月19日にスポンサーのスタッフから中国で18歳以上は飲酒ができると勧められるなどして、当初は意図しなかった行為に至ったという。飲酒の程度も考慮して2人は「口頭での厳重注意」、1人は「口頭での注意」、1人は「不問」とした。管理責任を問題視して日本代表の西川隆監督(58)は戒告処分とした。同監督はブダペストで取材に応じ「ルールや当たり前のことを守れるよう徹底していく」と話した。

このことから、私は今回処分を受けた選手は18~19歳の選手だったのではと推察します。

自分が20歳未満だから飲めないよと言っても、スポンサーから中国なら18歳以上で大丈夫と言われたという言葉から状況が想像できます。

派遣選手はだれ?

今回の選手達は、引き続きブタペスト大会にも出場するとされていることから、下記の選手たちになります。

小野寺吟雲(13)
根附海龍(21)
白井空良(22)
佐々木音憧(17)
堀米雄斗(25)
青木勇貴斗(20)

赤間凛音(15)
吉沢恋(15)
西矢椛(16)
中山楓奈(19)
織田夢海(18)
伊藤 美優(16)
開心那(15)
四十住さくら(22)
草木ひなの(16)
長谷川瑞穂(14)
菅原芽依(16)
中村貴咲(24)
永原悠路(19)

処分を受けたのは?

実際に私が現場を見ていた訳ではないので、確定情報としては控えますが上記の赤字の選手が18~19歳に該当する為、もしかして現地でスポンサーにすすめられてお酒を飲んでしまったのは彼らかもしれません。

問題概要

スケートボードで5月のパリ五輪予選シリーズ上海大会に出場した20歳未満の日本の4選手が現地で飲酒し、国内統括団体のワールドスケートジャパン(WSJ)から代表選手規程の違反行為として厳重注意などの処分を受けたことが明らかになりました。

選手名は公表されていません。処分は飲酒の程度に応じて口頭での厳重注意や注意、不問などがあり、日本代表の西川隆監督も管理責任を問題視して戒告処分を行いました。

WSJは今後同様の問題が起きないようにチーム体制を強化するとコメントしています。

【だれ?】飲酒のスケボー日本人4選手処分!選手名は?まとめ

本記事では、【だれ?】飲酒のスケボー日本人4選手処分!選手名は?について述べてきました。

中国でよくても道義的に日本人ならアウトかなという感じです。

最後までお読みいただきありがとうございました。