事件

【グロ】バスガイド死亡事故で脳破裂!悲劇を起こした日本三景交通とは

山形上山市で観光バスと電柱に挟まれる事故が発生し、バスガイドの佐々木仁美さんが死亡しました。

事故の原因は、バスを運転していた69歳の男性の過失運転とされ、現行犯逮捕されました。

女性は即死状態で脳破裂が死因であることが判明。事故現場ではバスガイドの女性が警告を発していたとの証言があります。

警察は男性の過失運転致死の疑いを認め、事故原因などを詳しく調査する方針です。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

記事の内容をまとめると、山形上山市で観光バスと電柱に挟まれる事故が発生し、バスガイドの佐々木仁美さんが死亡しました。事故の原因は、バスを運転していた69歳の男性の過失運転とされ、現行犯逮捕されました。女性は即死状態で脳破裂が死因であることが判明し、事故現場ではバスガイドの女性が警告を発していたとの証言があります。警察は男性の過失運転致死の疑いを認め、事故原因などを詳しく調査する方針です。佐々木仁美さんは39歳のバスガイドであり、非常に素晴らしい仕事ぶりと評価されていました。事故を起こしたのは日本三景交通のドライバーで、警察は彼を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

【グロ】バスガイド死亡事故で脳破裂の画像①

今回佐々木仁美さんが亡くなった際の現場の画像について調べてみたところ、該当の画像はインターネット上には拡散されていませんでした。

当然かなり凄惨な場面が想像できるため、たまたま居合わせた人も軽々しく写真を撮ることができなかったのでしゃないでしょうか?

上記が事故現場ですが、既に対応されており事故があった様には見えない状況です。

ここで人の頭がつぶれるまでバスでバックを続けるとは、結果だけ見るとプロのドライバーとしてはありえない対応ではないかなと思います。

遺族の気持ちを考えるとあまりにひどい事故だと言えます。

【グロ】バスガイド死亡事故で脳破裂の画像②

こちらの画像はさらに事故現場の電柱をアップにしていますが、関連性はわかりませんが謎のシミが付いています。

これが被害者のものかは不明ですが、可能性はゼロではなさそうです。

脳が破裂する程の衝撃なので、何かしらの痕跡が電柱に残っていても不思議ではないでしょう。

【グロ】バスガイド死亡事故で脳破裂の画像③

こちらの写真はまだ救急隊員が現場に残ってブルーシートで対応をしているので、事故直後だと思われます。

ブルーシートが張ってある位置を見ると、人の高さぐらいに見えますよね。

バスには特に血のりがついているなどはなさそうな状況が分かります。

バスガイド死亡事故のなぜ?

その後の報道と目撃情報によると、「ストップ!」という声と共にガシャーンという音が鳴ったことがわかっています。

上山署はバス運転手の男性(69)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕。容疑を過失運転致死に切り替え、任意で捜査を続けていて、容疑を認めているそうです。

またバス会社社長に対して容疑者のドライバーは「合図を見落としたかも」と話していたということで、通常なら起こらない状況でのヒューマンエラーだった可能性が出てきています。

筆者のバスガイドさんのイメージと言えば、笛を鳴らしてピーピーとバスを誘導している絵が浮かびますが、それもひと昔前。

今は周辺からの苦情などにより笛を使用することも少なくなっている様です。

通常バックモニターがバスに搭載されているはずですが、合図も見落としてモニターも見ずに感覚で運転していたのであれば、プロのドライバーとしては失格と言わざるをえません。

【グロ】バスガイド死亡事故で死因は脳破裂

佐々木仁美さんをバスと電柱との間に挟まれて亡くなったと報道されています。

そして、その死因は脳破裂で緊急搬送は行われなかったということです。

これは目視でどう見ても亡くなっていることが分かるからと言ってよいでしょう。

現場が非常に凄惨なものだったことがわかります。

改めてドライバーは、車内のモニターや音で分からなかったのでしょうか?

現場周辺では、佐々木仁美さんの悲鳴やバスを叩く音が聞こえたという証言があるくらいですから。

被害者バスガイドの名前

氏名 佐々木仁美さん
年齢 39歳
職業 バスガイド(日本三景交通)

上記SNS投稿にある様に、非常に素晴らしい仕事ぶりという評価が多い優秀なバスガイドさんであったようです。

それだけに、なぜバスが止まらずに佐々木仁美さんをバスと電柱との間に挟むことになったのか、不可解でなりません。

事故を起こしたのは、日本三景交通のドライバー阿部憲悦容疑者

日本三景交通は、日本のバス会社で、主に観光地や地域の交通を運営しています。

名前にもある通り、日本三景(松島、宮島、天橋立)周辺の観光地を中心に路線を展開していることが特徴です。

観光客の利便性を考慮した運行や、観光情報の提供などを行っています。

今回警察は事故を起こした、ドライバーの阿部憲悦容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕をしています。

バスガイドの佐々木仁美さんが遭った日本三景交通事故現場

事故現場は山形上山市にある果実の山 あづま屋前です。

山形県上山市にある「果実の山あづま屋」は、JRかみのやま温泉駅から徒歩約10分の距離に位置する温泉旅館です。周辺の山々の美しい景色を望む露天風呂が自慢の施設で、館内全域で無料Wi-Fiを利用できます。客室にはエアコン、薄型衛星テレビ、冷蔵庫、電気ケトル、専用バスルーム(バスタブ、ヘアドライヤー、無料バスアメニティ付)が備わっています。

旅館では、サウナや温泉でリラックスしたり、ギフトショップでお土産を購入したりすることができます。また、カラオケ、浴衣のレンタル、自動販売機、無料のレンタル自転車、無料駐車場も提供しています。食事には、40品以上の和食と洋食を取り揃えたビュッフェ式朝食や、伝統的な会席料理を楽しむことができ、新鮮な地元食材を使ったすべての食事はダイニングルームで提供されます。

バスガイド死亡事故で脳破裂【グロ】の類似事故

中央労働災害防止協会によると、バスガイドが被害者となった事故は1999年から複数ある様です。

バス業における死亡災害事例(1999-2020年)

バスを運転して操車所まで行き、誘導員の指示に従い所定位置に停車させ
て事務所で食事をとっていたところ、誘導員がバスが動いていることに気
付き、続いて運転手も気づいてバス前面に回り込んで止めようと試みたが
バスは止まらず、道路反対側の川の堤防まで進んでバスの前面ではさまれた。

2012年

観光バスのガイドである被災者は、業務終了後バスの車内清掃を行ってい
たところ、くも膜下出血を発症し、救急搬送先の病院で死亡した。

【最新情報】バスガイド死亡事故で脳破裂【グロ】

下記が本事件の最新情報をまとめた内容です。

2024年6月22日

TUYは今回の事故を取材する中で、バスを所有する宮城県の会社の社長にインタビューした。その中で、今回バスをバック誘導する際にガイドの女性が笛を使っていなかったことを報道した。 バスガイドといえば、バスを誘導する際に笛を吹き、手を振りながら誘導している姿を見たことがある人も多いだろう。 しかし、社長によると「騒音苦情などもあり、今は笛を使っていない」とのことだった。現に今回の事故現場でも笛は使用されていなかった。引用元:テレビユー山形

バスガイドの佐々木仁美さんに関するSNS投稿

  • 遂2日前にガイドしてくれたのに、、、 むちゃくちゃ話し方も上手くて、話も面白かった。 残念すぎる。 佐々木仁美さん、ご冥福をお祈りいたします。
  • 阿部憲悦を過失運転致傷で逮捕 上山市新湯の「果実の山あづま屋」前の電柱にバスを誘導していたガイドの佐々木仁美さんを挟み死なす 何で佐々木仁美さんが進行上に立ってたんか気になるとこやけど、そもそも電柱にぶつけるとか意味が…

バスガイドの佐々木仁美さんが遭った脳破裂死亡事故とは?山形上山市で起きた悲劇まとめ

本記事では、バスガイドの佐々木仁美さんが遭った事故とは?山形上山市で起きた悲劇について述べてきました。

運転手は注意力散漫というか何を一体考えていたのでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。